So-net無料ブログ作成

今上天皇 Japan's emperor in historic speech: 'Never give up hope'  [民進党 民主党 社民党 共産党]

Japan's emperor in historic speech: 'Never give up hope' 

「天皇陛下の歴史的スピーチ、『決して希望を捨てるな』」

天皇陛下は、宮内庁が京都御所に避難してほしいと要望したのを、「自分が逃げたら、人々がパニックになる」と、お断りになられました。

韓国傀儡政権、帰化人・日本人成りすまし国会議員とは、たいへんな落差です。CNNトップニュースです。 http://ow.ly/4fC6I 写真・動画多数見られます。

天皇陛下はビデオメッセージのなかで、

この度の東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード9・0という例を見ない規模の巨大地震であり、被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています。地震や津波による死者の数は日を追って増加し、犠牲者が何人になるのかも分かりません。一人でも多くの人の無事が確認されることを願っています。また、現在、原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ、関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避されることを切に願っています。

 現在、国を挙げての救援活動が進められていますが、厳しい寒さの中で、多くの人々が、食糧、飲料水、燃料などの不足により、極めて苦しい避難生活を余儀なくされています。その速やかな救済のために全力を挙げることにより、被災者の状況が少しでも好転し、人々の復興への希望につながっていくことを心から願わずにはいられません。そして、何にも増して、この大災害を生き抜き、被災者としての自らを励ましつつ、これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに深く胸を打たれています。

 自衛隊、警察、消防、海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々、諸外国から救援のために来日した人々、国内のさまざまな救援組織に属する人々が、余震の続く危険な状況の中で、日夜救援活動を進めている努力に感謝し、その労を深くねぎらいたく思います。

 今回、世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き、その多くに各国国民の気持ちが被災者とともにあるとの言葉が添えられていました。これを被災地の人々にお伝えします。

 海外においては、この深い悲しみの中で、日本人が、取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。これからも皆が相携え、いたわり合って、この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています。

 被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆が、さまざまな形で少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。被災した人々が決して希望を捨てることなく、身体(からだ)を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう、また、国民一人びとりが、被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者とともにそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。」と述べられた。

震災のどさくさにまぎれて、菅政権は日韓通貨スワップ協定を延長する可能性があります。日韓通貨スワップ協定は、絶対にさせてはならない!国民の皆さん、民主党の行動を監視してください!韓国の外貨準備高は大嘘。 97年の通貨危機の時も韓国の外貨準備高は大嘘で世界から信用を無くしました。 http://ow.ly/4fAN4

さらに「コンピューター監視法案」が18日に閣議決定されました。この法案は、ネットを使った活動に対して、言論の自由の封じ込める言論統制に発展する可能性を秘したとんでもない法案です。

さらに社民党が「外国人住民基本法」の提出

菅政権は日本国民のための政府ではありません。中国と朝鮮族のための政権です。彼らは日本をダメにするために一生懸命にはたらいています。 中国・朝鮮に対して忠誠心の塊です。

今上天皇メッセージの動画はここ

両陛下「自主停電」、反響3千件

産経新聞 3月25日(金)23時27分配信

/p> 天皇、皇后両陛下が、お住まいの皇居・御所の電気を一定時間使わない「自主停電」を15日から続けられていることを伝えた25日朝刊の記事に対し、インターネットの「MSN産経ニュース」に「感動した」などとする感想の書き込みや引用が相次いでいる。同日夜には3千件を超えた。

 ミニブログ「ツイッター」を使ったもので、書き込みは「国民にとって元気の源となります」「できることを実行されているのに感動する」「人生の大先輩として尊敬せずにはいられません」など、多くは両陛下のお取り組みに敬意を表する内容になっている。

 ある男性は「わが家もできること、『節電』『節水』『買いだめをしない』を再確認しました」と書き込んだ。

 また「両陛下の年齢を考えると、無理はなさらないでほしい」と、暖房も控えられている両陛下を気遣うものもあった。

 宮内庁によると、両陛下は24、25両日も自主的な停電を実行された。宮内庁幹部は取材に対し、「閣僚のPRより、両陛下のお姿のほうが、国民に強く計画停電の重要性を訴えるのかもしれない」と話した。

20110326134718c12.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1